【お知らせ】GW特別企画 1万円以上同時ご購入にて送料無料キャンペーン開催

明日からいよいよGWに突入される方が多いのではないでしょうか。
今日はその前哨戦ともいうべきプレミアムフライデー。
早めに仕事を切り上げて少し早いGWに突入されている方もいるかもしれません。
うらやましい限りです。

最近は暖かいのを通りこして暑い地域も多いのではないかと思います。
暖かい地域ではすでに半袖で過ごされている方もいるのではないでしょうか。
これからの季節、いくらあっても困らないのがTシャツです。
プリントTシャツや柄物も良いですが、一着はもっていたいのが無地の白Tシャツ。
ジーンズに白Tコーデはまさに王道スタイル。シンプル イズ ベスト。

BCTS-S001(Lサイズ)着用 Model(175cm / 75kg)

ただ、Tシャツによってはアンダーウエア感がでてしまい残念な感じになってしまうので注意が必要です。

そこで、おススメなのがBitterCats定番Tシャツ(BCTS-S001)。

“【お知らせ】GW特別企画 1万円以上同時ご購入にて送料無料キャンペーン開催” の続きを読む

【お知らせ】猫の日 期間限定(2018/2/22~2018/2/28) 送料無料キャンペーン開催

期間限定(2018/2/22~2018/2/28) 送料無料キャンペーン開催

明日2/22は「ニャンニャンニャン」ということで「猫の日」です。
そこで、「ビターな猫」をモチーフにしているBitterCatsブランドの「吊り編みポケットTシャツ(BCTS-S001)」に関して、明日2/22~2/28(今月一杯)の期間限定で、全国送料無料キャンペーンを開催いたします。

是非、この機会に当ブランドの渾身作である「吊り編みポケットTシャツ(BCTS-S001)」をご検討ください。

まだまだ寒い日が続いていますのでTシャツはまだ早いとお思いの方が多いかと思います。
しかし、冬のセールが終わるとショップには、もう春物商品が並び始めています。
Tシャツはその使い勝手の良さからたくさん持っている方が多いと思いますが、着心地が良かったりお気に入りのデザインのTシャツがあるとついついヘビーローテーションになってしまい折角のお気に入りTシャツがヨレヨレになってしまったという経験はないでしょうか。
そんな方におススメしたいのが、当ブランドが自信をもっておススメする渾身作「吊り編みポケットシャツ(BCTS-S001)」です。
「BitterCats吊り編みポケットシャツ(BCTS-S001)」は、着心地や経年変化を考え抜いて作りました。
是非、そのヘビーローテーションの一員に加えて頂きたいと思います。
「吊り編みポケットシャツ(BCTS-S001)」の特徴について、本ブログにいくつか記事をアップしておりますが、簡単にご紹介させていただきます。

「BitterCats吊り編みポケットシャツ(BCTS-S001)」

無地Tシャツは、シンプルが故に「素材」、「形状」、「縫製」一つ一つ丁寧に妥協せずに作り上げました。(こちらの記事も合わせてご参照ください。)

素材

このTシャツの素材には、希少な吊り編み天竺と呼ばれる生地を使って作られています。
吊り編み天竺は和歌山県にわずかに現存する大正時代の旧式吊り編み機を使ってゆっくりと編み上げれた希少な生地です。
この生地の特徴は、その独特の風合いと強さにあります。
着こむほどに風合いが増すそんな生地です。
(吊り編み天竺について詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。)

形状

当ブランドがかっこいいと考えるTシャツの形状を一から作り上げました。
比較的大きく開いたラウンドネックには、バインダーネックと呼ばれる手法を採用しています。
バインダーネックは、ほかの手法に比べて伸びにくいとされており、多くのビンテージTシャツにも採用されています。
そのほか、よくありがちなダボダボな肩幅ではなく、日本人の体形にフィットする肩幅、身幅にしています。
(形状に関する詳細はこちらをご参照ください。)

縫製

長く着て頂くために、縫製はとても重要です。
最近はそこまでひどい縫製のものはなくなってきていますが、数回洗濯をしたら糸がほつれてきてしまうようなものも海外製のTシャツの中には存在します。
BitterCatsでは、愛着を持って長く着て頂けるように縫製にもこだわっております。
多くのビンテージTシャツを研究し、「天地引き」と呼ばれる熟練を要する縫製手法も採用しています。
そこで、古くからこの吊り編み天竺の生地を使いTシャツを作り続けている日本の工場で縫製を行っています。
(縫製に関する詳細はこちらをご参照ください。)

 

細部にまで拘って作られた「BitterCatsポケット吊り編みTシャツ(BCTS-S001)」。
この夏、あなたのヘビーローテーションの一員として是非、ご検討ください。

トートバッグの口を閉じる方法について考える

帆布トートバッグ(BCBG-C001)の製品化に当たり、現在、課題として残っている以下の3点を中心に検討を続けております。

1.バッグの縁を閉じるドットボタンはたくさん物を入れた際に外れてしまわないか。
2.ハンドルの持ち手の部分は、ハンドルカバーがあったほうが良いのではないか。
3.ハンドル部は本体の側面から底まで縫製しているが、今回、外ポケットは設けない予定の為、縁の部分で縫製するほうがシンプルなのではないか。

今回は、この中からバッグの口を閉じる方法について考えてみたいと思います。

“トートバッグの口を閉じる方法について考える” の続きを読む

使いやすいトートバッグとは

今回は、使いやすいトートバッグについて考えてみたいと思います。

普段あまり気にしたことはないと思いますが、家の中をよく見るといろいろな大きさや素材のトートバッグがたくさんあることに気づくと思います。

様々なトートバッグ

生地が薄くて軽いものから、小さいもの、革製品であったり、ナイロン製品だったりと多種多様のものが見つかると思います。
丈夫で出し入れが容易で、しかもたくさんものが入るのこと為、いろいろなシーンで使われている証拠だと思います。
せっかく、便利なトートバッグですから、どこにあるか探さないとわからない存在ではもったいないと思います。
そこで、使いやすいトートバッグとはどんなものなのか、トートバッグに求められる機能について考察してみたいと思います。

 

“使いやすいトートバッグとは” の続きを読む

帆布トートバッグ(BCBG-C001)の製品化進捗

今回はBitterCats帆布トートバッグ(BCBG-C001)の製品化進捗状況をお伝えします。
一部、検討段階の内容も含まれるため最終的に変更される可能性はございますが、プロトタイプととも進捗状況をお伝えさせていただきます。

初期プロトタイプ

記念すべき初期プロトタイプ。

BCBG-C001 1st Prototype(Model α1)

1st Prototype スペック

生地 : 4号帆布(糊なし)
サイズ: 底面の幅    33cm
     高さ      28cm
     マチ幅     15cm
     ハンドルの高さ 28cm
     ※サイズは実寸サイズで概算値
装備1: 内ポケット( 大・小)、ポケットの深さ14cm
装備2: キーリング
装備3: 縁部センターにドットボタン

 

4号帆布という極厚帆布生地を使っています。※帆布生地の厚みを示す単位として「号」のほかに「oz」で示すものもありますが、詳細は別記事にてご紹介させていただきます。
生地の感触はまさに柔道着をイメージしていただくと良いのです。とにかく分厚い生地でとても頑丈です。
初期プロトタイプということもあり、想定とはだいぶかけ離れたものになるだろうと覚悟をしていたのですが、さすがは国内屈指の老舗工場。
ほぼ想定通りのプロトタイプが出来上がってきたので、思いの他早く商品化できるかもしれないと手ごたえを感じました。

“帆布トートバッグ(BCBG-C001)の製品化進捗” の続きを読む